運動したり、食事制限したりとダイエットの方法は様々ですよね。筋トレというとキツく感じてしまう方もいるでしょう。そこで、下半身の筋トレという方法です。下半身を鍛えるだけで、楽に痩せられリバウンドしにくいというのです。そんな下半身の筋トレをみていきましょう。

「下半身の筋トレ」の画像検索結果

目次

1. 下半身の筋トレ
2. シシースクワット
3. シシースクワットのトレーニング方法
4. シシースクワットのポイント
5. まとめ


1...「下半身の筋トレ」


○動くのが楽に

歩く時に筋肉を意識したことってありますか?
下半身の筋肉が衰えると、階段を上ったりするのもしんどくなりますよね。
逆に鍛えることで楽に歩けたりするのです。
歩くのが疲れる・しんどいと感じる方は、下半身の筋トレをしてみましょう。


○基礎代謝が上がる

身体を支えるために必要な大きな筋肉が、下半身に集まっています。
特に太ももやお尻の筋肉は、他の筋肉と比べて大きくなりやすいのです、
めのエネルギーが必要になり、基礎代謝が少しずつ上がっていくことになります。
なぜ基礎代謝が上がるのか。それは、筋肉を維持するためのエネルギーが必要になるからです。
ダイエットを楽にするには、基礎代謝の向上が欠かせないのです。


○太りにくい身体に

基礎代謝が上がるということは、消費カロリーも増えるのです。
何もしなくても消費してくれるから、太りにくい体質に自然となっていくのです。
もちろん、鍛えて消費カロリーも増えたからといって食べ過ぎてしまっては太ってしまいますが…。


○上半身にも効果あり

下半身の筋トレを行うことで、上半身の一部も鍛えれれるというトレーニングもあります。
例えばスクワット。腹筋を使うことによって姿勢をキープしますよね。少しでも筋肉を使って鍛えることができたら良いですよね。


○成長ホルモンの分泌量が増加

筋トレによって与えられた筋肉の修復や筋肥大の準備をするために、トレーニング後には成長ホルモンの分泌量が増加します。
よりキツい筋トレをすることで、成長ホルモンもより多く分泌されるのです。



2...「シシースクワット」

下半身の筋トレといえば、まず「スクワット」が思い浮かぶのではないでしょうか。
消費カロリー量も多く、ダイエットにも大きな効果がでる筋トレでしょう。
そんなスクワットには、家で簡単にできて道具を何も使わない。それでいて大きな刺激を与えられる筋トレがあります。
それは「シシースクワット」です。
太ももに強い刺激を与えることにより
・下半身の筋トレ
・脂肪の燃焼
・スリムな体型
これらの効果を期待できるのです。



3...「シシースクワットのトレーニング方法」

① 肩幅に足を開いて、つま先を真っ直ぐにして立ちます。
② そこからかかとを上げた状態で、上体を反らして床スレスレまで膝をおろします。
③ ゆっくりと元の姿勢に戻ります。
④ 10×3セット位を目安に繰り返し行ってみましょう。

シースクワットは人によって、バランスをとることが難しいと感じるでしょう。無理して行なって転倒や関節部への負担になってしまうかもしれません。手すりにつかまるなどして、無理に行わないように気をつけましょう。



4...「シシースクワットのポイント」

・太ももを目一杯に伸ばし、太ももに負荷がかかっていることを意識しましょう。
・ゆっくりとした動作で行い、腹筋に力を入れてバランスをとることを意識しましょう。



5...「まとめ」

下半身を鍛えるということは、健康的なダイエットや太りにくい身体をつくれるなどの様々な良い効果につながります。今回紹介した「シシースクワット」の他にもたくさんありますので、ぜひ下半身の筋トレで効果的なダイエットに挑戦してみてはどうでしょうか。