丸い鼻をなんとかしたいと思っている方って結構多いのではないでしょうか。美容整形ってお金もかかるし...とお悩みの方へ、今回は丸い鼻の手軽な対策法を紹介していきます。

「鼻」の画像検索結果

目次


1. はじめに
2. 丸い団子鼻の原因は?
3. 冷水法
4. ノーズクリップ法
5. フェイストレーニング
6. 鼻うがい法
7. その他色々!
8. おわりに



1. はじめに

「団子鼻」の特徴としては、丸く筋の通っていないボヤッとしたハナです。この丸いハナをコンプレッスに感じる人は多いでしょう。原因としては主に遺伝とされていますが、この丸い鼻を解消することは可能なんです。




2. 丸い団子鼻の原因は?

丸い鼻の主な原因は、やはり遺伝によることでしょう。
親族に丸い鼻の人がいたり、鼻の軟骨が発達しやすかったり、脂肪がたまりやすかったりなどです。

その他の原因として、癖や怪我などによって鼻に負荷をかけてしまうというケースです。




3. 冷水法

・冷水を浴びせます。
・十分に冷えたと感じたら止めます。長くても5分で止めてください。
・毎日繰り返し行います。

以上が冷水法です。やりすぎてしまうと、必要な油分までなくなってしまい、肌が荒れてしまったりするので程々にしましょう。また、保冷剤を使うことで肌への負担は小さくなりますが、凍らせたものの使用はやめましょう。




4. ノーズクリップ法

・鼻を何かではさむ。

名前の通りそれだけというシンプルさ。鼻は軟骨なので、形状を維持させて形を矯正させる...という理屈です。継続して行わなければ効果は出ませんが、血の巡りなどの問題からもあまりおすすめはしません。




5. フェイストレーニング

・人差し指で、鼻の両横の皮膚を外側へ開きます。
・その動きに対抗して筋肉をやや斜め下方向へ押し下げます。
・筋肉の動きを感じたら、筋肉を緩めます。
・30回ほど繰り返してみましょう。

これを行うことで、きれいな形に整えることができます!




6. 鼻うがい法

・ ぬるま湯で、濃度1%程度の食塩水を作ります。
・片方穴を押さえ、もう片方の穴で喉のあたりまで吸い込みます。
・吸い込んだ食塩水は、口から吐き出します。

副鼻腔などにたまった汚れを洗い流し、ひきしめます。
あまりやりすぎないように注意しましょう。




7. その他の方法!

○背筋を伸ばそう
姿勢が悪いと顔がの歪みの原因になります。


○鼻呼吸をしよう
鼻呼吸をすることで、顔の筋肉のたるみなどを抑えられるんです。


○むくみをなくそう
むくみを解消することで、顔がシュッとしてスッキリ見えますよね。


○仰向けで寝よう
うつ伏せに寝た時、鼻が圧迫されてしまいます。


○血行の促進を
血の巡りが良くなると、むくみの解消につながります。マッサージやツボの刺激などを継続してみましょう。




8. おわりに

丸い鼻の対策法をご紹介しました。継続して行うことが大切で、努力すればきっと丸い鼻が解消されるでしょう。コンプレックスをなくして、楽しい毎日を目指してください。